米 最先端攻撃型原子力潜水艦の進水式後にINF全廃条約離脱表明

米 最先端攻撃型原子力潜水艦の進水式後にINF全廃条約離脱表明

米海軍は、バージニア級攻撃型原子力潜水艦『デラウェア』と『バーモント』(両艦は巡航ミサイル・トマホークを搭載)の進水式を行ったと21日にツィッターで発表。

その後、トランプ大統領はINF(中距離核戦力)全廃条約から離脱する方針を表明した。

これに対し、ロシア外務省・リャブコフ次官は『恐喝の方法によって、国際安全保障と戦略的安定の分野でロシアから譲歩を引き出そうとする新たな米国の試みを、我々は懸念と非難を持って受け止める。ロシアがこの条約に違反しているという非難の根拠が米国には全く無いと、ロシア側からは何度も伝えられている』とコメント。

英・国防省のウィリアムソン氏もINF全廃条約から米国が離脱することに対し支持すると表明している。

参考記事;https://jp.sputniknews.com/politics/201810215485040/