米国 中興通訊に続きファーウェイも捜査 米中貿易摩擦が進行

米国 中興通訊に続きファーウェイも捜査 米中貿易摩擦が進行

本日の東京市場では東京エレクトロン【8035】の好決算を受け上昇を見せる半導体関連銘柄もあったものの、軟調に推移するものも多く見られた。

昨日までに『中興通訊がイランや北朝鮮に違法に輸出をしていた』ことを受け、米国商務省が措置を発表していたことが伝えられていたが(参照;消えない米中貿易摩擦懸念)、現在、中国通信機器大手・ファーウェイ(華為技術)に関してもイランへの輸出管理規制に違反している可能性があり、昨年から捜査が行われていることが明らかになった。

現状では、捜査の進捗具合や容疑の内容については不明となっているが、米国の中国への動きが止まらない。中国側がこれに対しどのような対抗措置を行うのか・・・

貿易摩擦は悪化していくのだろうか。そうなれば、日本株への影響も免れない。

参考記事;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000001-reut-bus_all