中国外務省『米NEC委員長カドロー氏の発言はでっち上げ』

中国外務省『米NEC委員長カドロー氏の発言はでっち上げ』

18日、米NEC(国家経済会議)委員長のカドロー氏が『(米中貿易問題について)習氏の経済顧問を務める劉鶴副首相らは合意を望んでいるようだが、習氏は中国の技術移転慣行や貿易政策の変更を拒んでいる』と発言。

この発言が伝えられた時点で、一時、リスク回避の円買いが進む動きも見られた。

これに対し中国外務省・福報道局長は『米国の当局者が思いがけなく事実をゆがめ、でっち上げの非難をしたことは衝撃的で想像を超えている。米国の豹変と約束破りは、世界的に認知されている。』と反発。

また、中国は貿易摩擦問題回避に向け努めているし、貿易戦争を望んではいないが、恐れていないとも発言している。

参考記事;https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKBN1K913W