OECD・グリア事務総長『日本の消費税 将来的に19%に』

OECD・グリア事務総長『日本の消費税 将来的に19%に』

OECD(経済協力開発機構)のグリア事務総長は、13日に行った麻生氏との会談で『日本の消費税について、将来的にはOECD加盟国平均の19%程度まで引上げる必要がある』と発言し、麻生氏は『2019年10月の消費税10%への引き上げが予定通り行えるよう努力する』と答えたと言う。

参考記事;https://www.asahi.com/articles/ASL4F5JR8L4FULFA02B.html?ref=rss