黒田日銀総裁『米中貿易摩擦 世界経済に下方リスク』

黒田日銀総裁『米中貿易摩擦 世界経済に下方リスク』

31日に発表された展望リポートによると、経済見通しについて『海外経済を中心に下振れリスクの方が大きい』と言う。同日行われた黒田日銀総裁の記者会見でも、米中貿易摩擦による世界経済への影響を懸念していると指摘。

また、一段と経済が下ぶれした際の対応として『金利の引き下げ、マネタリーベースの拡大、資産買い入れの拡大』などを挙げている。

とは言うものの、現在の世界株安に関しては、『株式市場の動きが金融市場全体や世界経済に大きな影響を与える状況にはなっていない』との認識を示している。

参考記事;https://jp.reuters.com/article/boj-kuroda-tradewar-idJPKCN1N50Z0?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29