クレディスイス・モルガンスタンレー・BoA『FAANG』に警鐘

クレディスイス・モルガンスタンレー・BoA『FAANG』に警鐘

クレディ・スイス、モルガン・スタンレー、BoA(バンク・オブ・アメリカ)らは相次いで『FAANG』銘柄などのハイテク株への投資に警鐘を鳴らしている。

NYSE・FANGプラス指数は3営業日で9%下落し、2015年8月以降で最大の下げ幅を記録。

クレディ・スイス『米国のテクノロジー株が3営業日続落し急落しているが、まだ終わっていない。テクノロジー株への集中投資は良い結末を迎えない可能性がある』

モルガン・スタンレー『相場が2月以来最大の調整に向かう可能性が高い。バリュー株で安全性を求めるべきだ』

BoA(バンク・オブ・アメリカ)『フェイスブック株の急落は相場天井の兆し。FAANG銘柄の売りを投資家に勧めた』

参考記事;https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-30/PCP6WQ6K50YN01