ニューヨーク市内の家賃価格 前年同月比2.7%下落

ニューヨーク市内の家賃価格 前年同月比2.7%下落

物件の増加に伴い、ニューヨーク・マンハッタンの家賃価格は前年同月比2.7%下落した(12月分)。下落幅は過去4年で最大。

これまでも賃貸事業者は入居者獲得に向け、フリーレント期間を設けるなどしてきたが、物件が増加している現状を加味すると値下げせざるを得なくなっていると言う。

米国では30年ぶりの減税政策が実施されるが、ニューヨークなどの都市では増税となる地域もあり、物件が増加する中、支出を抑えたいと考える動きが出るのも納得だ。

参考記事:参考記事はこちら